【手編み】【手織り】八つ編み?

 

マニラヘンプヤーンの帽子がいくつか編み上がり、一旦まとめて仕上げに入ってます。

リボンとか紐を合わせてみて、

これはやっぱり作ってみようと

何て言うんだろう、三つ編みならぬ八つ編みです。

これは初めて挑戦したもので長さが足りなかった

うぉ!?

メラメラぼぉー!!!

と、はまる。

ブラウンの帽子には、さらに濃い焦げ茶一色。

tmp_20609-2017-05-25-09-38-31-1822210093

こんな感じ↓

【手編み】マニラヘンプヤーンとマニラヘンプレースそして参考本

この季節、帽子やバッグなどを編む糸としては
アンダリヤがメジャーかと思いますが、
私はそっち系ならマニラヘンプヤーンという糸をよく使います。

麻素材、洗濯できる、色味も私好み。

もうひとつ面白い点は、
同じ素材で細い糸があること。
マニラヘンプレースという糸です。

レースの方をヂャンティ織りして
ヤーンの方を広げて貼って
それを素材にしてつまみ細工にしたり↓

comb_ajisai_005_006_a

で、今回はこの糸で帽子を作ってみました。

■生成~ベージュ系

2017-05-03-02-51-171

■ネイビー系

2017-05-03-02-43-461

うーん、最近写真が雑かも?

どんどん帽子の試作ばかり増えてるけど、
私が自分で使っているのはコレだけ↓

tmp_16821-2017-04-14-15-33-17286331856

本当はイーネオヤを付けたいので
もっとシンプルな帽子を編まなきゃ。

最近買った参考本↓

IMG_20170503_0238261

オヤの本、
針で結び目を作るイーネオヤ以外も、
かぎ針のトゥーオヤとか
ビーズ入りのボンジュクオヤとかもたくさん掲載されていて
トルコでの作り手さんの話、
嫁入り準備のこと、
モチーフの名前や意味などなど、
読み応え充分です。

使用糸はマニラヘンプヤーンとマニラヘンプレースだけという本。
増目、減目でどれくらいの角度になるのか、
おおよその糸の量も参考になるし、
コレは私にとってめっちゃありがたい。

michiyoさんのニット本は
ネット広告を見て気になってたので・・・
今回の帽子作りたい熱のスタートになった一冊です。

やたらと好みの本に出会える本屋さんがあって、
毎週立ち寄るのが楽しみ。