カテゴリー別アーカイブ: 手織り

【手織り】卓上ばたを購入しました☆


大物買いました。

クロバー咲きおり40cm幅

周りのゴチャゴチャしたところを入れずに撮影しようとしたら
何かようわからんのですが

クロバー咲きおり40cm幅

卓上のはたおり機、クロバー 咲きおり (40cm幅・30羽セット) です。

子供のころ、親に買ってもらった「ておりプチ」を大きくしたような、
筬(おさ)と綜絖(そうこう)が1つになっている卓上機。

この「咲きおり」は、一旦通した経糸を途中ではずしたり入れ替えたり出来る、
オープンリードというタイプだというので選びました。
通す、というより溝に上からはめ込む感じです。

経糸張り、筬通し、綜絖通し、
このあたりの細かい作業、若い頃は苦にならなかったのですが、
もうそこで無理しないことにしたわけです。
言うても正味おばちゃんだから。

まあ、コレが想像以上に楽で!!!
整経しながら綜絖通し、筬通しが出来ちゃうんですね。

しかもこの織り機の裏側が整経台にもなって、
4mくらいは整経できるようです。

本当に良く考えて作ってあります。

和紙の糸を織る

早速、何か織ろうと張った糸が和紙のテープヤーン。
手で組んで作る帽子」で使った、残り糸です。

いきなり織りづらい糸選ぶよなー。

それでもまあガシガシ織り進めてみると何とかなるもんです。

学生時代とその後しばらく手織りをしていたのですが、
この卓上ばたには足で踏む「踏木」は無いのについ足が動きます。

(踏)スカっ! (踏)スカっ!!・・・ああ、違うわ。

織り目アップ

織り上がり。

織りあがり

織り機が届いたのが昼、ここまで織り上げたのが夕方です。
それほど経糸張りが簡単でした。

いやー、すばらしいな!
これで残り糸が布になるよ!!!

で、次に張った経糸がコレ↓

もふもふ経糸

埋もれてるやん・・・モフモフやん・・・

もふもふの毛足の長い糸を織る

どうも、面倒なこと面倒なこと、したくなるようです。

あみぐるみ用に買った糸で、ファータイプ。
ここまでくると、さすがにちょっと織りにくい。
筬でとんとん、の時、機ごとこっち来る。

しばらく織って片付けるとホコリというか・・・まあホコリですね、
テーブル拭くとくるくるーっとロール状になったよ!!

これからちょいちょい織ってカバンとかに加工しようと思ってます。
ぬいぐるみにしてもいいかな。

ではでは、また~ (○・ω・)ノ~

今回購入したアイテムはこちら▼

クロバー 手織り機 咲きおり 40cm 30羽セット 【smtb-TD】【saitama】

価格:14,900円
(2014/7/25 02:28時点)
感想(19件)

糸や織りあがった布を巻き取る時に使う「機草(はたくさ)」は
カレンダーの紙や適当なボール紙でいいや、と思っていましたが
織ってみて、やっぱり専用のを買おうと思いました。

クロバー咲きおり ペーパー40cm

価格:370円
(2014/7/25 02:58時点)
感想(2件)


そのほか、
セットにはシャトル(板杼)が大小1本ずつしか付いていないので、
アナンダさんで注文しました。